4コマ漫画「たね子は心配している」

#006 衆議院の国会中継(午後)の動画を観た

衆議院の国会中継(午後)の動画を観た

漫画は12日の国会の質疑を元にしました。今日は8コマ漫画です。質疑の動画と答弁で出たサイト、資料を下の方に記載しました。

質疑では、野党と参考人から、あらゆる面から海外流出と自家増殖、自家採種が関連が無いことが指摘されましたが、与党は最後まで「海外流出防止」を主張しました。

種苗法廃止などもそうですが、これまでも、理にかなわなかったり、明らかにリスクが大きくても、数時間の審議で多数決で強引に決められてしまった法案がたくさんあります。農林水産委員会も与党(自民党+公明党)の議員の数が圧倒的に多いので、このままだと今までのように押し切られてしまう可能性が高いです。

農業に携わる方々はもちろんですが、私たち消費者全員にも関係があります。例えばゲノム編集は表示して、選択できることが必須だと思います。

「保護主義はダメだ、競争が必要だ」とよく政府は言いますし、ゲノム編集や一部の企業にだけ、過保護にしないでいただきたいです。

下記を参考にしました。

参考サイト

国会中継「種苗法改正案」農林水産委員会(2020/11/12)

印鑰 智哉さんのブログ
衆議院農林水産委員会種苗法改正法案参考人陳述

農林水産省 知的財産戦略2020

【農林水産省から】海外における品種登録の推進について

4コマ漫画「たね子は心配している」は、インスタグラムでも更新しています。

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。