小学校や障がい児介護福祉施設にゲノム編集トマトの苗を配らないで!|OKシードプロジェクト

4コマ漫画「たね子は心配している」

#007 ゲノム編集の動画を観たり記事を読んだりしてみた

ゲノム編集の動画を観たり記事を読んだりしてみた

倫理的な問題ももっと議論されるべきだと思いますし、自然界に与える影響や食の安全を脅かす観点から、少なくとも遺伝子組み換え作物と同様の規制と表示は必須だと思います。

オーガニックは今のところ安全だと思われますが、下記のような話もあり、全く油断できません。

参考サイト

facebook
山田 正彦氏の投稿

昨年11月30日農水省は、ゲノム編集の種子を有機の認証できないかどうかの検討会を開きました。

漫画は下記の動画と記事を参考にしました。

日消連Web講座・第1回「ゲノム編集食品って何が問題?」
佐藤守俊「生命の設計図を書き換えるゲノム編集」ー高校生のための東京大学オープンキャンパス2018 模擬講義

日本企業が手を染める「ゲノム編集」トマト

残念ながら、このトマトを摂取することでどんな変化が生まれるかについての調査などはされていないだろう。実際に政府に問い合わせてもそうした調査については把握していない。

ゲノム編集食品に「表示義務」がない不可解、欧州や中国は規制あり

天笠氏によれば、本来ゲノム編集食品の場合も、20~30年のスパンで考えなければならないが、一昨年6月に行われた統合イノベーション戦略推進会議以降、審議会もろくに開かれないまま、昨年3月には急スピードで法的な枠組みが決まったという。

“ゲノム編集食品” 食べました

ラベルには大きく「Non-GMO(遺伝子組み換えでない)」。たしかに、ゲノム編集はしているものの、遺伝子組み換え食品ではありません。アメリカの制度では、「ゲノム編集食品である」という表示は求められていないのです。

ゲノム編集は人間の倫理観も改編するのか

ヒト受精卵のゲノム編集の臨床応用に関する関連4学会声明

安倍総理・施政方針演説~第183回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説~

「世界で一番企業が活躍しやすい国」を目指します。

安倍首相「最もビジネスしやすい国目指す」

米ニューヨークを訪れている安倍首相は、日本への投資を呼びかけるイベントに出席し「世界で最もビジネスしやすい国を目指す」などとアピール。また「日本にはものづくり技術という宝の山が眠っている」として、中小企業と外国企業との連携支援策などを強調。

ゲノム操作食品が食卓に上る‼(PDF)

今治市 食と農のまちづくり

4コマ漫画「たね子は心配している」は、インスタグラムでも更新しています。

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama2)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。