「ゲノム編集でない」の表示ができる!|OKシードマークがはじまります!

日米ともに遺伝子組み換え表示厳格化法、実は「非表示」法?

ラウンドアップ/グリホサートによる生殖機能への影響

売上No1除草剤に発がん疑惑、禁止国増える中、日本は緩和

みんなで在来種・固定種野菜を育てませんか?

在来種野菜とは、その土地に根付いて昔から種が繋がれてきた野菜のことです。固定種とは種の性質が固定され、種採りをして種を蒔けば前の世代と同じ性質の作物ができるもので、在来種も固定種の一種です。

種採りをしてその種を蒔き、何代も栽培を繰り返していくことで、徐々にその土地に合ったものに変化していきます。 元々は同じ種でも、火山灰の土地で育って甘くなったり、海の近くで育ってミネラル豊富な作物になっていったりしたものもあるようです。

昔、ある地域から伝わった在来種野菜が、現在、伝わった地域の伝統野菜となっているものも数多くあります。例えば、島根県の津田かぶ、愛媛県の伊予緋かぶは、滋賀県の日野菜が伝わってそれぞれの土地で変化したものだそうです。 日本の最古のかぼちゃはポルトガルから伝わりました。外国から伝わったものや、国内でも、参勤交代で持ち帰って、そこから種を繋いできたものもあります。

人間が生まれるずっと昔から種はこの世に存在し、ずっと昔から昭和30年代頃、第二次世界大戦後しばらくまでは、日本で流通するほとんどの野菜が在来種野菜や固定種野菜で、種採りをするのが当たり前でした。しかし、現在、市場に流通している在来種野菜、固定種野菜は非常に少なく、消滅の危機にあるものもあります。

市場に出ている多くはF1種という、交配した第一世代、かつ、一代限りの種で、発芽時期や生育期間が揃うため、栽培、収穫しやすいメリットがあり、 食料自給率の低くなった日本で、多くの消費者の需要に応えることができる反面、 種採りをして種を蒔いても、同じように作物ができない、子孫が残せない種であるというデメリットもあります。

販売されている種子の多くは消毒されています。アレルギーやアトピー、化学物質過敏症の方は、種子の消毒に反応してしまうこともあるようです。 販売されている固定種の種は無消毒やオーガニックのものが多いですが、それでも野菜の種類によっては無消毒やオーガニックの種子を選べないこともあります。 種採りして種を繋ぐことで無消毒の種子を確実に手にすることができます。

販売されている種子の生産地を確認してみてください。生産地が外国のものが多いことに驚かれることでしょう。 気候変動や植物の伝染病、蝗害等によって、ある作物が全滅してしまうことも、今後の可能性としてゼロではありません。アイルランドのジャガイモ飢饉は、1845年に実際に起こりました。 転ばぬ先の杖、多様性を守っていくことは大切なことです。

しかしながら、栽培や収穫に手間がかかる在来種野菜、固定種野菜を、農家さんが栽培することは、とても大変なことです。

家庭菜園では特に、形がバラバラでも、安全で栄養があって美味しければ全く問題無いと思いますし、収穫の時期が揃わないことは、長期間少しずつ収穫出来て、家庭菜園ではメリットにもなると思います。 何より、在来種・固定種野菜は味が濃くてエネルギッシュで美味しいのです。

食糧危機や、もしもの時に備えるために、また、昔から続いてきた日本の文化でもある在来種野菜を守っていくためにも、みんなで家庭菜園で、在来種野菜、固定種野菜を育て、種採りをして、未来へ繋げていきませんか?

また、在来種野菜栽培されていたり、生態系を守って自然環境に配慮した栽培法で栽培されている農家さん、在来種野菜や固定種野菜の種を繋いでいる種苗店さん、在来種や伝統野菜をお料理の主役にされているレストランを、みんなで応援していきませんか?

※2020年秋、国会で、虚偽説明や矛盾が指摘される中、短時間の審議で多数決で強引に、種苗法は改正されてしまいました。 そして、改正後すぐに、ゲノム編集のトマトの実用化が発表されました。 今回の種苗法改正で種苗表示が強化されたにも関わらず、ゲノムの表示義務は無く、今後、気づかないうちにゲノムの種を蒔いていた、ということも起こりかねない状況です。

今のところ、種苗法改正による一般品種の自家採種の制限はなく(固定種の中には登録品種もありますので、趣味や家庭菜園などの自家消費目的以外の場合は登録品種かどうか調べられてください。登録品種の場合は許諾が必要になります)、さらに元々、趣味や自家消費目的での家庭菜園における制限はありませんが、今後もずっと大丈夫という保証はありません。 多くの一般市民が、自分で育てて種を守り、常に関心を持ち続けていくことが大事だと思います。 在来種を守る法律も今はまだありません。 既に廃止されてしまった種子法や新たに設立された農業競争力強化支援法と共に、今後、農業に携わる方々や私たち消費者に大きなダメージを与えると言われている種苗法改正につきましては、是非下記をご一読ください。

在来種・固定種の種が買える全国の種屋さん

※自然環境や食の安全、種の多様性が大切にされた、体に良く栄養価も高い美味しいお野菜がもっともっと世の中に広まってほしいという気持ちで勝手に作っていますので、サイト内でリンクを貼らせていただいている種苗店さん、農家さん、レストランに対して掲載費など何かしらの対価を求めることは一切ありません。

今月蒔き時の野菜の種

「在来種」や「種採りができる」と書かれているもの、また、出来る限り「種子消毒無し」や「有機種子」や「オーガニック」と書かれている種を選んで育てましょう。趣味や家庭菜園などの自家消費目的であれば、種苗法改定の対象ではありませんので、伸び伸びと種採りができます。固定種の中には登録品種もありますので、趣味や家庭菜園などの自家消費目的以外の場合は、登録品種か一般品種かを調べられてください。一般品種は対象ではありませんが、登録品種は種苗法改定後は許諾が必要になります。

栽培する場所を借りる

マルチ(マルチング)とは
ルチシートや稲わら、刈り取った雑草等を作物の株元に敷いて、地面の温度調節や保湿をしたり、病気を防いだり、野菜をより育ちやすくするためのテクニックの1つ。

その他の用語

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。