食の安全かるた

「き」切るだけじゃないよ 残ってるかもよ マーカー遺伝子

「き」切るだけじゃないよ 残ってるかもよ マーカー遺伝子

ちょっと思いついて、新しいコンテンツ、「食の安全かるた」を始めてみました。 ゲノム編集については、生命倫理、交雑による在来種の遺伝子汚染など、「食の安全」に留まらない問題と思いますが、もちろん食の安全にも大きく関わりますので、食の安全かるたに入れてみました(今後、制作していく中で、かるたの名前など、変更する可能性もあります)。

一旦、思いつくままに、勉強しつつ、少しずつ作っていきます。

参考サイト

オンライン署名 配らないで!植えないで!ゲノム編集高GABAトマト苗

共同声明「ゲノム編集GABAトマトの市場流通に反対する!」賛同団体申請フォーム

東都生協主催学習会「ゲノム編集技術について学ぼう」講演要旨

元農林水産大臣 山田正彦氏ブログ「私が一番恐れていた事が始まりました。」

食の安全かるたは、インスタグラムでも更新しています。

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。