元気になれそうなお野菜がたくさんでした(自然栽培の生産者さんのお野菜を買ってみました)

今回は、ネットで購入した自然栽培の生産者さんのお野菜で、いろいろ作って食べてみました。

箱を開けると、お野菜と、お野菜に食べ方などが書かれていました。モロヘイヤやつるむらさきなど、夏に元気になれそうなお野菜がたくさんで嬉しい気持ちに。

今回のお野菜は「モロヘイヤ」「空心菜」「つるむらさき」「バジル」「きゅうり」「ミニトマト」「オクラ(島オクラ・スターデイビッドオクラ)」。下のインスタグラムの3~5枚目に野菜の写真があります。

下のインスタグラムの写真の1枚目。モロヘイヤの食べ方で、茹でて叩いてネバネバにしてご飯に乗せて食べるのが美味しそうだったので、参考にさせていただきました。レシピはこちら。ワサビが無かったので(ワサビがポイントなのですが)、味付けは、お醤油と塩麴を少しと甘酒、お味噌、刻んだ大葉と山椒を入れて混ぜて、ご飯に乗せて胡麻を乗せました。モロヘイヤに片栗粉を薄くまぶして米油で揚げ焼きにしました。きゅうりとトマトとさっと茹でたオクラとキクラゲを切ってお酢をまぶし、えごま油をかけました。昆布で出汁をとり、切り干し大根を入れて煮て、つるむらさきと味噌と島オクラを加えました。

2枚目。バジルが入っていたので、ガパオライス風のものを作りました。熱した米油にニンニクを入れ、玉葱を入れ、生姜パウダー、塩麴、カイエンペッパー、胡椒で味付け。赤ピーマンと茹でて水切りした大豆ミートを入れてお醤油と甘酒を入れて蓋をしてしばらく熱しました。火を止めてレモン汁とバジルを入れて混ぜ、ご飯の横に。茹でたジャガイモをつぶしてターメリックと豆乳少しと混ぜて、小さく丸く成形。絹ごし豆腐とおからを混ぜたものを成形し、弱火で米油で少し焼き、上に成形した黄色いジャガイモを乗せました。片栗粉を水で溶いたものを上からかけて蓋をして少しおき、フライ返しでご飯の上にのせました。空心菜とキクラゲをごま油で炒め、塩で味付けしました。柔らかくしたライスペーパーにブロッコリースーパースプラウト、きゅうり、トマトをのせて巻きました。昆布出汁を温め、小さく切った空心菜とモロヘイヤを入れて味噌を入れ、火を止めてスターデイビッドオクラ、小さく切ったトマトとレモン汁を加えました。

レモン汁とお醤油でナンプラーの代用ができますが(こちら)、ご存知の方が多いかとは思いますので念のための記載ですが、輸入品の柑橘類は、日本で使用が禁止されている防カビ剤が使われているものがありますので、国産かオーガニックや無農薬のものを使われてください。お味噌汁に入れても、爽やかでちょっと変わった雰囲気になって美味しいですね。レモンの代わりに、柚子とかお酢等でも良いのかもしれません。

写真の1枚目のモロヘイヤのネバネバは、山椒でも美味しかったですが、今度、レシピの通り、ワサビでも試してみたいと思います(ワサビの方が美味しいのではないかと思います)。他にも、何かちょっとアクセントになるものが入っていると良いのかもしれないと思いました。

力強いお野菜で美味しかったですし、いろいろな葉物野菜で料理するのが楽しかったです。自然栽培のお野菜は味が濃いので、お野菜そのものの美味しさを楽しめて、薄味で味付けで来て減塩にもなりますね。栄養価も高いようなので、ありがたいことです。今まで自分でモロヘイヤを積極的に買うことがあまりなかったのですが、モロヘイヤのいろいろな食べ方をしてみて全部美味しかったので、これからは頻繁に買おうと思います。

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。