長野県の伝統野菜のぼたんこしょうを食べてみました

今回は、スーパーでぼたんこしょうを買ってみました。

ぼたんこしょうで検索してみて、「やたら」という郷土料理が気になったので作ってみました(参考にしたレシピ)。大根の味噌漬けが無かったのと、あと他が味の濃いメニューだったので、えごま油をかけて混ぜただけです。

ぼたんこしょう、みょうが、茄子、きゅうりを小さく刻んでえごま油を混ぜてご飯にのせました。お湯で戻して洗って水を切った大豆ミートに生姜パウダーとすりおろしにんにくと甘酒とお醤油で下味をつけ、ごま油を少し加えて大豆ミートにもみこんでしばらくおきました。茄子と下味をつけた大豆ミートに片栗粉をまぶして米油で揚げました。玉葱、にんじんを米油とにんにくで炒めてボタン胡椒を加え、お醤油と塩麴を少し、生姜パウダー、お味噌で味付けし、カシューナッツと揚げた茄子と大豆ミートを加えてさっと混ぜました。レタスときゅうりとブロッコリースーパースプラウトを混ぜて、えごま油をかけました。

ぼたんこしょうは、ピーマンみたいな見た目ですが、中辛の唐辛子ということで、ピリッと辛かったです(種とわたは凄く辛いということで、とっています)。やたらは小さく刻むからか、辛さはそれほど感じませんでした。ミョウガが効いていて、爽やかで美味しかったです。納豆に混ぜたり、素麺にかけたりしても美味しいのではないかと思います。もう一品は、ぼたんこしょうの切った面積が比較的大きかったからか、結構辛く感じました。小さく切って餃子にも入れてみましたが、こちらもなかなか美味しかったです。

コロナの死亡リスクが低下するということで、キャベツやきゅうり等が薦められている記事(こちら)を読みまして、他にも、レタス等も良いという情報(こちら)もありましたので、サラダは完全にこれらに影響されたものです…笑。少しでも免疫力が上がると嬉しいので、サラダはできるだけ毎日、よく噛んで食べようと思っています。みなさまも、引き続きご自愛ください。

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。