福岡県の伝統野菜のかつお菜を育てて食べてみました

貸し農園で趣味で育てている福岡県の伝統野菜のかつお菜を少し収穫していろいろ作ってみました。

1枚目の写真。
【ご飯】かつお菜をさっと茹でてよく水気を切って小さく刻み、胡麻と塩麴と玄米ご飯に混ぜました。温かい玄米ご飯に小さく切ったビーツと胡麻を混ぜました。それぞれを小さなカップに詰めて裏返しにしてお皿に乗せ、縦に半分に切ってさっと茹でて水気を切ったかつお菜で巻きました。
【大根の酢漬け】大根を薄く切ってお酢につけておきました。
【お味噌汁】昆布出汁に小さく切った赤い大根を入れて少し煮て、かつお菜とお豆腐とお味噌を入れました。
【揚げ物】サツマイモに片栗粉をまぶして揚げ焼きにしました。
【胡麻和え】かつお菜をさっと茹でて水気を切り、お醤油とすり胡麻と甘酒を混ぜたもので和えました。
【炒め物】ビーツの茎と葉とかつお菜を同じくらいの長さに切り、米油とニンニクを熱して炒め、お塩で味付けしました。

2枚目の写真。
【サラダ】かつお菜とケールを千切りにして塩麴を少しまぶしておきました。赤い大根を千切りにしてお酢をまぶしておきました。しばらくおいてから全部一緒にしてえごま油で和えました。
【炒め物】ほうれん草とかつお菜を、米油とニンニクを熱して炒め、お塩で味付けしました。
【パスタ】カシューナッツを豆乳に30分くらい漬けておき、ビーツも加えてミキサーで滑らかにしました。パスタを茹でて、オリーブオイルとニンニクを熱し、パスタとビーツとカシューナッツをペーストにしたものを和えました。
【炒り卵風】お豆腐を炒めてターメリックと塩コショウを入れました。

4種類の種で粘土団子を作って栽培したのですが、かつお菜が一番強い感じで、他は今のところ圧倒されています。来年は粘土団子で蒔かずに畝を作って個別に蒔こうと思っています。無農薬無肥料でもわしゃわしゃ茂りました。かつお菜、シャキシャキ美味しいですし、オススメです。

ビーツはおにぎりやパスタや前回のポタージュなど色が着くので楽しいですね。パスタは別の日に葉の部分でペペロンチーノを作ったらビビッド過ぎない色でできました。写真のカシューナッツのパスタよりペペロンチーノの方が美味しくできました。

一番最後の写真は、購入した自然栽培のお野菜の一部です。

ナッツ類もできるだけ無農薬やオーガニックのものを使うようにされてください。

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。