愛知県の伝統野菜のファーストトマトを購入して、いろいろ作ってみました。

愛知県の伝統野菜のファーストトマトを購入して、いろいろ作って食べてみました。

1枚目の写真。
【タコライス】米油でニンニクとクミンを熱し、玉葱とニンジンと椎茸のみじん切りをよく炒め、ターメリックとカイエンペッパーとシナモンを加え、お水少しと茹でた大豆を加えて、ガラムマサラ、お味噌とお醤油で味を整えて、混ぜながら水気を飛ばしました。玄米ご飯の上に盛り、間引き菜とアボカドとファーストトマトを飾りました。

タコライスと書いていますが、トルティーヤが無いので、正確に言うとタコライスでは無いかもですね…すみません。

2枚目の写真。
【ワッフル】在来種米の朝日100gと自然栽培大豆30gを洗って水に浸して一晩冷蔵庫に入れておきました。玄米と大豆を水切りして、塩1g、ドライバジル1.5gくらい、黒胡椒1.5gくらい、豆乳120gくらい、片栗粉10g、レモン汁5g、白神こだま酵母2gを加え、ミキサーにかけてなめらかにし、発酵させて、ワッフルメーカーにオリーブオイルを塗って焼きました。
【ワッフルのトッピング1】間引き菜とファーストトマトとベジカッテージチーズをトッピングしました(ベジカッテージチーズは下記のレシピを参考にさせていただきました、美味しかったです)。
【簡単ベジ料理】豆腐カッテージチーズ
【ワッフルのトッピング2】絹豆腐を潰して片栗粉を混ぜ、1/3と2/3くらいの分量で2つに分けました。1/3の方に人参を少しすり下ろしたものとターメリックを追加して混ぜました。プライパンにオリーブオイルをひいて白いペーストを乗せ、その上に黄色いペーストを乗せ、蓋をして弱火で少し焼きました。アボカドとベジ目玉焼きと小さく切ったファーストトマトをトッピングしました
【サラダ】間引き菜と小さく切ったファーストトマトとアボカドを盛り付けて、オリーブオイルをかけました。
【スープ】薄く切った玉葱とセロリを茹でて、小さく切ったファーストトマトとお味噌と豆乳を加えました。

3枚目の写真。
【ロータルト】生アーモンドと生カシューナッツを水に浸して一晩冷蔵庫に入れておきました。生アーモンド40g、ココナッツオイル20g、ココナッツファイン10g、ドライデーツ30gを細かくし、タルト皿に貼り付けて30分ほど冷凍庫に入れました。生カシューナッツ70g、ファーストトマト100g、ココナッツオイル20g、塩少々、水10g、レモン汁10gをミキサーで滑らかにし、冷凍庫に入れておいたタルト生地の上に流し入れ、さらに1時間ほど冷凍庫に入れました。最後にファーストトマトを飾って、生カシューナッツ100g、水50g、バニラビーンズ少々、ココナッツオイル10g、メープルシロップ20gをミキサーで滑らかにし、絞り袋に入れてデコレーションしました。
ロータルトは下記のレシピを参考にさせていただきました。
ラズベリーとカカオのローチーズケーキ
ホールで撮影していますがナッツやココナッツオイルなど入っていますので、一度に全部食べず、数回に分けて食べました。余ったペーストとカシュークリームは、少しメイプルシロップを追加して冷凍庫で冷やして、別で食べました。
【トマトジュース】ファーストトマト、塩少々、水をミキサーで滑らかにしました。

ファーストトマトは、ハート型に見えるように切るとかわいいなと思って、ハート型に見える方向で切りました。食べる前は、もっと酸味が強いのかと思っていたのですが、糖度が高めのものを購入したこともあってか酸味はあまり感じず、みずみずしく甘くて爽やかな味でとても美味しかったです。少し硬さがあって形が崩れず、しっかりしているとも思いました。トマトジュースは少し泡っぽくなって、もしかしたらこの特性を活かして、新しいお料理やスイーツができたりするのかな?と思ったりしました。

お味噌は、参加させていただいたクラウドファンディングのリターンでいただきました。優しい味でとても美味しいです。私は少しだけ参加させていただいたのですが、多くの人の気持ちが集まった、感動的なクラウドファンディングで、参加できて良かったです。

間引き菜は、ベランダのプランターの在来種の小松菜とかぶです。プランターが込み入っていましたが、間引いた後、ぐんぐん大きくなっています。

ナッツ類やドライフルーツもできるだけ無農薬やオーガニックのものを使うようにされてください。また、生のナッツは必ず十分浸水してから使われてください。
ナッツやシード(種)を浸水する理由とその方法

ベジ目玉焼きは、黄色い部分は何か野菜を使うと成形しやすくなる気がします。今回はにんじん、前回は少し材料が異なりますがジャガイモを使ったのですが、他にもかぼちゃなど、黄色かオレンジ色の野菜を使うと色が付けやすくて良いかと思います(色はお豆腐やターメリック等で調整されてください)。

今回、ファーストトマトでロースイーツを作ってみたのですが、個人的には気に入りました。在来種のきゅうりなども、ロースイーツに取り入れやすいのではないかと思われます。各地のカフェなどに、その土地の在来種を使ったスイーツが必ずあったりしたら、凄く素敵ですね。

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。