免責事項・プライバシーポリシー

免責事項

当Webサイトの掲載情報の正確性には十分に注意を払っておりますが、内容を保証するものではありませんので閲覧はユーザの皆様の責任によって行ってください。
また、当Webサイトを介した他Webサイトの閲覧・利用につきましてもユーザの皆様の責任によって行っていただけますようお願いいたします。

アクセスログの取得について

当ウェブサイトにおいては、アクセス解析にてユニークユーザ数、ページビュー、検索キーワード、参照元URL、利用OS数等のアクセスログを取得しています。アクセスログから得られる情報からはユーザ個人の特定はできません。アクセスログから得られる情報は、以下の目的の為に利用いたします。

  • サイトの運営とコンテンツの開発・改善の為
  • サイトの不具合の発見・対応の為
  • 統計的な情報の取得の為

取得したアクセスログの統計情報の一部は、コンテンツとして公開する場合があります。
また、サービス向上等のため、当ウェブサイト内で取得した個人を特定するに至らない情報を第三者と共有する場合があります。

第三者配信による広告サービスについて

当ウェブサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する為、当ウェブサイトや他ウェブサイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらからお願いいたします。

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。