「ゲノム編集でない」の表示ができる!|OKシードプロジェクト

大阪府の伝統野菜 毛馬きゅうり(けまきゅうり)

伝統野菜ちゃん

毛馬きゅうりちゃん

名前毛馬きゅうりちゃん
野菜の種類キュウリ
出身地大阪府
誕生江戸時代の終わり頃
チャームポイント細く長い・歯触りが良い・アクが強い・一時期栽培が途絶えていたが、農林水産省に分譲していた種を里帰りさせて復活した
名前の由来毛馬地区で栽培が始まったから
ファンや友達文久3年(1863)『大阪名物大略』に毛馬胡瓜の記載がある
その他なにわの伝統野菜

F1種(交配した第一世代。子孫を残さない種)では無く、「たねのなかま」としては、未来へ種を繋げる固定種を育てる仲間と出会いたく思っています。

毛馬きゅうりをお店で食べる

毛馬きゅうりを家で食べる

参考

…文久3年(1863)の『大阪名物大略』に唯一‘毛馬胡瓜’の記載があった。現在の都島区毛馬町の地名がキュウリの前に付けられていることから、本品種はこの地区に起源または発祥したものと推定される。…
【参考・引用元】なにわの伝統野菜「毛馬キュウリ」ものがたり / 都島区
…1998(平成10)年に旧 大阪府農林技術センター(現 食とみどり技術センター)が1956(昭和31)年に農林水産省に分譲していた種を里帰りさせ65年ぶりに復活させる事に成功し、現在大阪の数箇所で栽培されるようになりました。2005(平成17)年には「なにわの伝統野菜」認証制度が始まり、この対象にも選ばれています。…
【参考・引用元】毛馬きゅうり/毛馬胡瓜<キュウリの品種 / 旬の食材百科

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama2)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。