秋田県の伝統野菜 山内にんじん(さんないにんじん)

伝統野菜ちゃん

山内にんじんちゃん

名前山内にんじんちゃん
野菜の種類ニンジン
出身地秋田県
誕生昭和22~23年に「山内にんじん」と命名された
チャームポイント長い・香りが強い・固めの肉質・コクのある甘み・煮崩れしにくい・鮮やかなオレンジ色・一時期消滅しかけたが、復活した
名前の由来山内地区で栽培されてきたから

F1種(交配した第一世代。子孫を残さない種)では無く、「たねのなかま」としては、未来へ種を繋げる固定種を育てる仲間と出会いたく思っています。

山内にんじんをお店で食べる

山内にんじんを家で食べる

参考

…秋田の伝統野菜「山内にんじん」は、昭和20年代に北海道の在来品種である「札幌太」から選抜・育成され、横手市山内地域で栽培されています。鮮やかな赤い色をしており、長さは30cmほどと長くて太いにんじんです。香りがよく、パリッとした食感と強い甘みが特徴です。…
【参考・引用元】山内にんじん / 食と農からのまちづくり
…昭和22~23年に優良系統が見つかり「山内にんじん」と命名されました。昭和25年には山内にんじん採種組合が結成され、種子生産の能率向上と優良種子普及に取り組み、種苗交換会にも熱心に出品して品質向上を図ってきました。…
【参考・引用元】山内にんじん / あきた郷土作物研究会
…いわゆる「長ニンジン」で、根部の長さが30cm~40cmあり、普通のニンジンに比べ、香りが強く、固めの肉質で歯ごたえがあり、甘みがある特性をもちます。…
【参考・引用元】山内地域の伝統野菜「山内にんじん」を復活 / バーチャル秋田

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。