「ゲノム編集でない」の表示ができる!|OKシードプロジェクト

大分県の伝統野菜 宗麟かぼちゃ(そうりんかぼちゃ)

伝統野菜ちゃん

宗麟かぼちゃちゃん

名前宗麟かぼちゃちゃん
野菜の種類カボチャ
出身地大分県
誕生1541年、かぼちゃを積んだポルトガル船が大分県に漂着して日本に入ってきたが、大分県では栽培が途絶え、福岡県でこの種が続いていた「三毛門かぼちゃ」を里帰りさせて、2007年に大分県で「宗麟南瓜」として栽培を復活
チャームポイントポルトガルから伝えられた日本最古のかぼちゃ・甘みが少ない・水分が多い・かぼちゃを献上されたキリシタン大名の大友宗麟が領地に種を蒔いたことがきっかけで全国に広まっていった・大分県で一時栽培が途絶え、栽培が続いていた福岡県から里帰りした
名前の由来最初にかぼちゃを献上された大友宗麟の名前をとって名付けられた

F1種(交配した第一世代。子孫を残さない種)では無く、「たねのなかま」としては、未来へ種を繋げる固定種を育てる仲間と出会いたく思っています。

宗麟かぼちゃをお店で食べる

宗麟かぼちゃを家で食べる

参考

…「かぼちゃ」という名前は、ポルトガル語の「カンボジャ・アボボラ」の後半が略されたもので、これを日本語に訳すと「カンボジアの瓜」という意味になります。カボチャの原産地はアメリカ大陸なのですが、日本には戦国時代にポルトガル人がカンボジアから持ち込んで広めたため、このような名前になりました。…
【参考・引用元】キリシタン大名・大友宗麟によって日本に広められた「かぼちゃ」の語源や歴史を紹介 / livedoor NEWS
…1541年、ポルトガル船によって伝えられた「日本最古のかぼちゃ」。大分県では栽培されなくなっていましたが、このかぼちゃのタネをもとに福岡県豊前市で作られていた「三毛門かぼちゃ」を里帰りさせ、2007年から「宗麟南瓜」として栽培を復活させました。…
【参考・引用元】大分の伝統やさい・地方やさい / 果菜里屋

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama2)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。