「ゲノム編集でない」の表示ができる!|OKシードプロジェクト

石川県の伝統野菜 打木赤皮甘栗南瓜(うつぎあかがわあまぐりかぼちゃ)

伝統野菜ちゃん

打木赤皮甘栗南瓜ちゃん

名前打木赤皮甘栗南瓜ちゃん
野菜の種類カボチャ
出身地石川県
誕生昭和18年頃
チャームポイント赤い皮で料理の彩りとして親しまれる・甘くて厚い果肉・しっとりとした食感

F1種(交配した第一世代。子孫を残さない種)では無く、「たねのなかま」としては、未来へ種を繋げる固定種を育てる仲間と出会いたく思っています。

打木赤皮甘栗南瓜をお店で食べる

打木赤皮甘栗南瓜を家で食べる

参考

…打木赤皮甘栗かぼちゃは、昭和8年、金沢市打木町の篤農家・故松本佐一郎氏が、福島県から赤皮栗(大正5年頃、福島県会津で成立した品種で会津栗、甘栗とも呼ばれる。→西洋かぼちゃの走り)を導入し、着果性、色のよいもを選抜し育成した。昭和18年頃にほぼ完成し、戦後発表された品種である。…
【参考・引用元】打木赤皮甘栗かぼちゃ / いいね金沢
…とっても色鮮やかで、目でも味わえる加賀料理に欠かせない赤かぼちゃ。食感はしっとりしており、名前の通り、栗のような甘さが特徴です。鮮やかで美しく、果肉が厚くて甘いことから、関西・関東方面にも広まり、料理の彩りとして親しまれました。…
【参考・引用元】打木赤皮甘栗かぼちゃ / HORITA
…赤くて丸くて、つんとしたツノが愛らしいかぼちゃ。西野さんは、この色と形を代々つないできました。「ただ、つくっとるだけや」というけれど、その言葉の裏には名人の「手」と「目」が関わってきた歴史があるのです。…
【参考・引用元】打木赤皮甘栗かぼちゃ・西野 勲さん / いいね金沢

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama2)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。