小学校や障がい児介護福祉施設にゲノム編集トマトの苗を配らないで!|OKシードプロジェクト

東京都の伝統野菜 雑司ヶ谷なす(ぞうしがやなす)

伝統野菜ちゃん

雑司ヶ谷なすちゃん

名前雑司ヶ谷なすちゃん
野菜の種類ナス
出身地東京都
誕生江戸時代のはじめ
チャームポイント甘みが強い・皮が厚く果肉がしっかりしている・小ぶり・徳川幕府に献上されていたという記録も残っている・栽培が難しい・別名は「山なす」
名前の由来現在の豊島区雑司ヶ谷一帯で栽培されていたから

F1種(交配した第一世代。子孫を残さない種)では無く、「たねのなかま」としては、未来へ種を繋げる固定種を育てる仲間と出会いたく思っています。

雑司ヶ谷なすをお店で食べる

雑司ヶ谷なすを家で食べる

参考

…来場者は「この地域にも農地があり、ナスなどが栽培されていたことが今では不思議」「豊島区にはもう農地はないが、雑司ヶ谷と土地の名前の付いた野菜なので、是非作り続けて欲しい」と話していました。…
【参考・引用元】雑司ヶ谷ナスで地元愛発見 / JA東京あおば
…雑司ヶ谷ナスについては、平成9年に雑司ヶ谷大鳥神社に説明板を建てさせていただいてから、雑司ヶ谷ナスのタネ探しが始まったが、農業生物資源研究所に保存されていたことが分かった。…
【参考・引用元】豊島区雑司ヶ谷で「雑司ヶ谷ナスと鎮守の市」の地域興しが始まった。 / 江戸東京野菜通信
…今回取材した江戸東京・伝統野菜の「雑司ヶ谷なす」は甘い。市場に出回っているいわゆる「千両なす」と食べ比べてみてもあきらかに違う。皮も厚く、硬く、口の中でキュッキュッと音がなるほど。雑司ヶ谷なすは、現在の豊島区雑司ヶ谷一帯で栽培されていたもの。西山(中野・豊島以西の丘陵部)と呼ばれた地域で栽培されていたので、別名「山なす」と呼ばれるようになった。…
【参考・引用元】第5回 雑司ヶ谷なす / News Tokyo
… 豊島区といえば、池袋といった大都会のイメージで農業とは無縁…と思っていませんか?しかし!かつては農業が盛んに行なわれており、江戸時代には、この雑司ヶ谷ナスは徳川幕府に献上されていたという記録も残っているすご~いナスなんですよ!!!…
【参考・引用元】雑司ヶ谷ナス徹底分析(PDF) / PRワイヤー
…雑司ヶ谷茄子は、育つのが遅く、肥料が足りないと濃い紫にならず、収穫が遅れると色がボケ始めるのだとか。…
【参考・引用元】江戸伝統野菜「雑司ヶ谷茄子」の復活 / グー、料理研究家やってます

サイト内の画像の使用は禁止とさせていただいておりますが、インスタグラムでのリポストのみ大丈夫とします。画像改変NG、こちらのアカウント名明記(@tanenonakama2)、#repostをつける等、リポストのマナーを守って行っていただけますと幸いです。

たねのなかま」は、在来種・固定種の野菜を自然栽培・有機栽培で育てる仲間にたくさん出会いたいと思っています。 現在はどんどん数が少なくなっている在来種・固定種・伝統野菜の野菜を、家庭菜園でみんなで育て、守っていきませんか? 種苗法改正では、自家消費目的の家庭菜園や趣味としての利用は対象ではなく、今まで通り、伸び伸びと自家増殖、自家採種可能です。 自家増殖、自家採種は悪い事ではなく、昔からずっと行われてきて今まで続いてきたことです。 そういったことが無ければ、種子は守られませんでした。 自家採種して種を繋げることで、確実に無農薬の種子を手に入れることができますし、国の種の自給率を上げることもできます(種類によっては有機種子や無償毒の種子を購入することもできないので、一度固定種を買って一度自家採種すると、無農薬、無消毒の種を手に入れることができます)。